ブログ

英語脳を鍛えるために実践していること

習慣化する

  • 準備運動のようなものを取り入れる
  • なんでもいいのでとにかく英語に関わる何かをやる
  • ハードルは低い方がいい。例えば、朝起きてスマホですぐできるようなもの。英語学習アプリ、英単語帳で単語3つ覚える、英語系YouTube1本だけみるなど。

フレーズを真似する

  • とにかく英語のフレーズを真似する(YouTube / Netflix)
  • シャドーイングする
  • フレーズをノートに書き留めておく
  • 復習する

発音を矯正する

  • deeplに自分の声でフレーズを発声する
  • 意図通り文字起こしされるかどうかでチェックする
  • AIで認識されれば人間にも伝わる(はず)
  • なお、Google翻訳よりはdeeplの方が優秀だった

スキマ時間を活用する

  • 移動中に聞く
  • 仕事する前の30分ウォーキングしながら英語を聞く
  • ランニングだと聞くことに集中できないのと、集中するるあまり周り見えなくなって危険なのでやめる
  • 有酸素運動をすることで脳も活性化されその後の仕事も捗る

やってみて気がついたこと

  • 勉強の仕方がわかると楽しくなる
  • 色々な教材やアプリを試してみたが包括的に学べるものはなかった
  • AI英会話はうまくはまらなかった。機械的な発音なので現実味がない。
  • ネイティブとのオンライン英会話が一番いいと思われるがコミュ障は無理
  • 今までは教材選びに迷って結局いいのが見つからずに挫折することが多かった
  • ネイティブの英語なら教材はなんでもいい
  • そこで気がついたのは、人間が言語を話せるようになるには親の話していることを真似するところからだった
  • 教材選びに時間をかけるよりも、まずはYouTubeでフレーズを覚えることに集中するようになった
  • 使える英語なのでフレーズが増えるごとに楽しくなる
  • 英語と英会話は勉強の仕方が違う
  • 英語は、学校のテストでいい点をとるためや、TOEICで高得点とって就職を有利にするためのもの。いわゆるテスト対策。
  • 英会話は、人と会話できるようになるためのもの。よく使うフレーズを覚えればよい。
ビッグデータ分析
created by Rinker
¥4,180
(2024/02/29 00:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
技術評論社
¥2,398
(2024/02/29 00:54:45時点 Amazon調べ-詳細)

この記事に関連する記事