ブログ

初心者が電子ピアノを選ぶ。そして買う。

先日、ピアノ教室の体験レッスンに行ってきました。

やはりピアノがないと何も始まらないのでピアノを買うことにしました

YouTubeで解説している人やネットでのオススメ、口コミや評価もみつつ、自分に合ってそうなものを選んでみました。

まずは何を求めるのかリストアップしました。

  • 電子ピアノ
  • 実際のピアノに近いタッチの鍵盤
  • 88鍵盤
  • 音質はそれなりでOK
  • オーディオインターフェースを介して録音できること
  • 予算は10-20万
  • かっこいい

最後の「かっこいい」は結構重要な要素だと思ってたりしますw

候補にした電子ピアノ

品名FP-90XFP-60XRD-88
メーカーRolandRolandRoland
価格163,800円(税込)159,500円(税込)146,300円(税込)
鍵盤数888888
サイズ
(幅x高さx奥行き)cm
134 x 39 x 13.6129 x 34.4 x 12.6128.4 × 25.8 × 15.9
商品リンクhttps://amzn.to/49mYGyahttps://amzn.to/3w071twhttps://amzn.to/3vYYK93
重そう。初心者にはリッチすぎる。FP90と違い鍵盤が異なる。
細かい機能差はあるが、初心者はFP-60Xで十分すぎる
バランスがよい。
電子ピアノというよりステージピアノに重きをおいてる。

何を選んだか

結論、RD-88を選びました。

価格帯が同じなら、どの電子ピアノも機能差はあまりなかったので、最後の決め手はかっこよさでした。

RD-88は、ローランド社が製造するデジタルステージピアノで、以下のような特徴があります。

  1. オーソドックスなピアノの演奏体験: RD-88は、高品質な鍵盤とピアノ音源を搭載しており、ピアノの演奏体験を重視しています。プレミアムな鍵盤アクションにより、アコースティックピアノに近いタッチとレスポンスを実現しています。
  2. 軽量でコンパクト: RD-88は軽量かつコンパクトなデザインであり、持ち運びや設置が容易です。ステージやスタジオでの使用に適しています。
  3. 多彩な音色: RD-88には、ピアノの他にもエレクトリックピアノ、オルガン、ストリングス、シンセサイザーなど、豊富な音色が搭載されています。さまざまな音楽ジャンルや演奏スタイルに対応できます。
  4. モダンな接続性: USBオーディオ/MIDIインターフェースを備えており、コンピューターやモバイルデバイスとの接続が簡単に行えます。また、Bluetooth MIDIにも対応しています。
  5. 柔軟な操作性: ユーザーインターフェースはシンプルで直感的な操作が可能であり、演奏中に素早く音色や設定を変更できます。また、コントロールパネルにはツマミやボタンが配置されており、リアルタイムの演奏中にも手軽に操作できます。

これらの特徴により、RD-88はプロのミュージシャンやライブパフォーマー、そしてホームユーザーにとって魅力的なデジタルピアノとして評価されているようです。

Roland公式サイト

もうこれでしょ。

というわけで、ポチッと購入しました。2/8に届く模様。

楽しみで仕方ない。

足りない周辺機器は必要に応じて揃えていこうと思います。

はやくこないかしら。

ビッグデータ分析
created by Rinker
¥4,180
(2024/06/21 14:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
技術評論社
¥2,250
(2024/06/21 14:56:24時点 Amazon調べ-詳細)

この記事に関連する記事