データ活用

OpenWeatherMapのAPIから気象データを取得する方法

OpenWeatherMapとは

気象データを得るためのAPIを提供するオンラインサービスです。

APIだけでなくウェブサイトからも気象データを取得できます。(以下イメージ)

無料?

無料プランがあります。無料で取得できる情報は以下です。

  • 現在の天気
  • 1時間の1分ごとの予報
  • 48時間の1時間ごとの予報
  • 7日間の天気予報
  • 過去5日間の気象データ
  • 政府の気象警報

料金プラン

料金プランごとに利用可能な機能をまとめました。

無料 Startup
40ドル
Developer
180ドル
Professional
470ドル
Enterprise
2,000ドル
60コール/分
1,000,000コール/月
600コール/分
10,000,000コール/月
3,000コール/分
100,000,000コール/月
30,000コール/分
1,000,000,000コール/月
200,000コール/分
5,000,000,000コール/月
現在の天気
分予報1時間*
毎時予報2日*
毎日の天気予報7日*
政府の気象警報*
過去の天気5日*
現在の天気
分予報1時間**
毎時予報2日**
毎日の天気予報16日
政府の気象警報**
過去の天気5日**
現在の天気
分予報1時間
時間予報4日
毎日の天気予報16日
政府の気象警報
過去の天気5日
気候予報30日
現在の天気
分予報1時間
時間予報4日
毎日の天気予報16日
政府の気象警報
過去の天気5日
気候予報30日
一括ダウンロード
現在の天気
分予報1時間
時間予報4日
毎日の天気予報16日
政府の気象警報
過去の天気5日
気候予報30日
一括ダウンロード
基本的な天気図 基本的な天気図 高度な天気図
歴史地図
高度な天気図
歴史地図
全球降水観測計画
高度な天気図
歴史地図
全球降水観測計画
Road Risk API
天気ウィジェット 天気ウィジェット 天気ウィジェット 天気ウィジェット 天気ウィジェット
稼働時間95% 稼働時間95% 稼働時間99.5% 稼働時間99.5% 稼働時間99.9%
* One Call APIは1日1,000回API呼び出し
** One Call APIは1日2,000回API呼び出し

API利用の流れ

利用登録

会員登録ページからアカウント登録します。

API Keyの取得

登録後、API Keyを取得します。

API呼び出し

One Call API を利用します。

仕様は以下になります。

リクエスト
https://api.openweathermap.org/data/2.5/onecall?lat={lat}&lon={lon}&appid={API key}
lat:緯度
lon:経度
API key:API Keyの値
経度・緯度の確認方法

レスポンス
○ 現在の天気
○ 1時間の1分ごとの予報
○ 48時間の1時間ごとの予報
○ 7日間の毎日の天気予報
○ 過去5日間の気象データ
○ 政府の気象警報

引用:APIドキュメント

経度(lat)・緯度(lon)の値はGoogle Mapから右クリックすることで得られます。

試しにcurlでリクエストした結果は以下になります。

データを確認

ここではAPIリクエスト時点の天気情報を取得してみます。

ドキュメント参照すると、daily.weather.main を見ればよさそうです。

APIのレスポンスから daily.weather.main を見ると、Rainと返ってきました。雨のようですね。

他社サイトの tenki.jp の予報をみても雨予報でしたので間違いなさそうです。

使ってみた結果

OpenWeatherMapはAPIでデータ提供しているため、システムに組み込みやすく導入ハードルも低いので、低コストでフィジビリティを取り始められるのではと思います。

自社のデータと気象データを組み合わせてダッシュボードにすれば、定量的なデータのもと事業の意思決定に利用できると思いました。

ビッグデータ分析
created by Rinker
¥4,180
(2022/09/26 16:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
技術評論社
¥2,398
(2022/09/26 18:09:01時点 Amazon調べ-詳細)